植え込み 生垣編

庭植えについて

入手時期について異なりますが

早春から秋の間でしたら可能ですが、早春の寒の戻り時期も良いでしょう

秋からですと根が張り切れず極寒時期に突入します。もちろん晩秋からの防寒対策をしっかり講じ

2月のもっとも寒さの厳しい時期を乗り切ればひとまづ安心でしょう。

サンデリアナの生垣を例に紹介致します

サンデリアナの性質として、生育旺盛伸びも良く、強剪定及・繰り返しのカットにも強く、切れば切るほど

丈夫に育ちますます、欠点としてはトゲガ以上に多いですが、これを利点と捉えれば伸びた枝が良く絡み

密集してくれます。もちろん沢山の花も咲きます

上記画像を参考にご覧下さい

最初に位置を決め植え込む場所に穴を掘ります

掘る深さは概ね鉢の2倍程度外周は然程大きくはしません

掘る前提として根が張りやすいようしっかり穴の中を耕します

この時土壌が硬かったりする場合は根が張りやすいよう土壌改良します

(鹿児島の場合火山灰シラス台地のため、土を入れ替えます)

元肥料を入れよく混ぜます

その後一旦埋め戻し1週間程寝かせてから再度掘り起こし実際に植えつけます

この時肥料を入れたところまでは掘り返さないで植えましょう

実際に植え込む過程で土を被す前にタップリお水を一回だけ与え〆ます

この時沈み込みますので状態を見ながらやや高植え気味にしましょう

最終ステップとして土を被し若干軽く表面を固め支柱で根のぐらつき、転倒防止をします

これで完了ですが、この時点で一旦各枝にハサミを入れ(剪定)更に芽吹かせ枝数を増やすよう促します

ポイントとして、はじめから背丈は高くはせず、120cm程度で留め繰り返しカットで脇芽を増やす

(繰り返しの上部の留めで幹も1年で目に見えて太くなってきます)

 

 

露地植え管理Ⅱ

植え込む場合後の生育の為にも確り土壌を耕し必要に応じて改良します

 

露地植えの根の張り方

ブーゲンビレアの根の張り方は鉢植えに見られない直根と言い

小根はあまり出さず太い幹のように、ほぼ真下や横などへ張る習性がありますがその数は沢山は

張りません。このため、強風などで倒れやすくなりますので、始めの段階で元肥を入れ、根の張るのを誘導させます。これはブーゲンビレアは肥料を食いに来ると言う通り肥料に向って根が走ります

また、水も大好きな植物です

特に太い直根は安定水温の水脈を捉えるまで走ります

根が地下水脈まで概ね2年程度で到達するとされています
植物にとって、地下水脈は命の源です。
年間水温18から20度と安定しています。
その安定した水を吸い上げ葉から蒸散する事で、少なくとも、凍結を防げていると考えます

これらの性質を押さえておくと管理容易であります

真冬のと取り扱い

秋深まる頃まで非常に良く生育し伸びていきます

そのため晩秋より霜が降りる季節に入りますと青々としていた新芽や枝や葉はダメージを受けます所謂、凍傷で部分的に枯れてしまいます。

特に初めて植えつけたものは少なくとも環境に慣らす上でも、このためダメージを最小限に抑えるため暴風ネット・寒冷紗・ビニール等を張り養生する必要があります

実際本州内陸部と沿岸部ではどのような差があるかと言いますと

圧倒的に沿岸部の露地では、回復力に差があります。これは、紫外線の注ぐ量の違いにあります。内陸部では冬至の(東日本より北方エリア)前後2ヶ月間は太陽が低く紫外線事態激減します、この点が内陸部の露地植えとの差です。

昨今は温暖化により北限エリアでも露地植えも見られるようになりましたが、

その反面真冬の寒波が厳しいエリアが出てきています。

これらからすると、

最初の植え込みでは、真冬の対策の事を考えあまり背丈だけ伸ばさず

管理し徐々に大きくする事をお勧めします

既に確り根付いているものは

伸ばすだけ伸ばし真冬に突入させたほうが、木全体のダメージは少ないようです

上部や表面の茂った葉が中心部を守る役目を果たしますので枯れる事はほぼありません

この場合、比較的霜が降りる時期が少なくなる地域では早春頃枯れ枝剪定を行います

開花は概ねゴールデンウイーク頃

また、雪や霜の心配がなくなる地域では4月下旬以降から枯れ枝剪定を行います

開花は夏頃 に向けてと成ります

毎年繰り返しで地域に根付いてきます
頑張りましょう!
 

植え込む祭は元肥料を確り入れます但し、元肥を入れた場合直後の終えこみは避けますが、直後に植えつける場合は深めに掘り肥料と植物を遠ざけて植えつけましょう

 

 

植え込み例

移植について

移植については生育時期のことも考え寒くなる前までに行いましょう

その際は植物全般に共通しますが、根を切る移植は必ず上部の枝や葉は必ず剪定して植え直しますそのままにしておきますと根が水を吸わず葉全体が萎れてきます、何もせず放置すると枯れてきますので十分に注意しましょう

イエロースターアップル

カイニット・スターアップル

マニラタマリンド

ベルノキ

イランイラン

カスタードアップル

スターフルーツ

 

 

 

2019年12月
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

 

 

2020年1月
       1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

ドワーフ・タイプ・バナナ

アセロラ

地湧金蓮

Jacaranda

Poinciana

ココス

荷物お問い合わせ

果樹・ブーゲン肥料

ブーゲンの用土

営業時間

 

ネットでのご注文24時間受け付けております!
電話でのお問合せにつきましては、下記の時間帯にお願いします。

  平日  9:00-20:00
  土曜 10:00-21:00

※土日はお休みをいただいております。

  
★販売にあたり発送エリアは日本国内のみとなります。

★★★

国外輸出を行っております

詳細はお問い合わせ下さい!

 

リンクバナー
リンクバナー

    

 

 

 

なんごくの森ネットワーク

リンクはフリーです